HOME 製品一覧 業務概要 購入方法
連絡先: Tomitaka
ドライサンプ




会社名: Maxoptions
Tustin, カルフォル二ア
携帯:714-914-3340
Tel: 714-505-4673
Fax:714-505-8937


MAXOPTIONSは北米レース業界で実績と信頼性の高い製品をお届けしています。
MADE IN USA の中でも選び抜かれた優れた製品を適正価格で迅速に提供します。
このページに記載される製品は全てアメリカ製です。


質問や注文の問い合わせ。
Eメール:maxoptions@att.net 

12時間以内に返事がない場合はmaxoptions@gmail.com
までお問い合わせください。

高速コーナーでオイルパン内のオイルがブロック壁やヘッド部分に張り付き、オイルスタベーションやポンプのキャビテーションを起こしエンジンブローを引き起こします。これらの現象はウエットサンプのバッフルプレートだけでは対策出来ません。


パーツ構成部品や技術サポートは富高までご連絡下さい。




ドライサンプ方式の採用目的はクランクケースを負圧にしてエンジンの抵抗の大幅な軽減、ウエットサンプで横G、縦Gでオイルパンバッフルでは解決できないキャビテーションの解消、など他の理由で、広くF1、GTカー、WRCカーまで使われています。ウエットサンプからドライサンプへの改造はキット化された製品は殆ど有りません。しかしブラケットなどの製作経験があれば、主要部品を購入して構成できます。

富高はドライサンプ部品主流メーカー3社と生産契約をしています。
多種多様な設定、特注部品など全て一箇所で揃います。





富高はドライサンプ部品主流メーカー3社と生産契約をしています。
多種多様な設定、特注部品など全て一箇所で揃います。

Mail: 富高まで


オイルパンはエンジンブロックの剛性補強を目的とする部品でもあります