エアフロレス変換キット

会社名:Maxoptions
ロサンゼルス空港から南へ車で約40分
Tel: 714-505-4673
携帯:714-914-3340
Fax:714-505-8937

MAXOPTIONSは北米に所在する、アフターサービスを伴った、レースパーツの販売です。


HOME 製品一覧 クラシックカー部品 業務内容 購入方法
モトロニック、Lジェトロ(BMW、ポルシェ、ジャガーなど)のフラップ式エアフロ(ベーン式エアフロー)を大口径MAFキットに変換して、吸気抵抗を減らしてレスポンスとパワーアップを図り、気圧変化による不安定を無くす装置の紹介


北米からの購入は弊社が提供する輸出サポートを利用すると、距離が違うだけで、日本国内で調達される時と殆んど同じ手順でアメリカからの輸入が可能になります。支払は銀行振り込み、配送は国際宅急便が基本です。




モトロニック制御フラップ式エアフロかMAF変換キットはエアフローのシグナルワイヤの出力が0-5V、5-0V,または0-9Vのものがあります。L-ジェトロからの変換も可能。MAF変換時にどのタイプのサブコンを使うかはこれらのシグナルワイヤの出力により異なります。


変換後


変換前

MAFキット(89mm)M3専用、パソコンで燃調を制御するタイプ

サブコンPSにはMAPセンサーが内臓されているものも有ります。周辺大気圧の補正をします。1980年代のモトロニック方式にはMAPセンサーが装備されていないため、空気密度の低い山岳地帯では燃調が濃くなり、パワーロスに繋がっていました。


フラップ式(ベーンタイプAFM)を使ったモトロニック及び一部のLジェトロ

E30-M3 E30-325i E34-535i M635csi
E28 M5 E28-535i 汎用キット有り
大口径エアフロレスMAFキットは(パソコンを使うサブコン燃調プログラムソフト)にはAとBの2つのノーマルマップがあり、AとBの両方のマップの値を変更してクローズドとオープンループ領域の相対的な燃調でパワーを出すようにします。マップBはクローズドループ域を変更するものです。クローズドループはAFR(O2センサー)の信号を元に燃調を制御している領域です。 マップAははオープンループ(高回転域)の制御。マップAの値、吸入空気量の信号をECUへ送りECUが理想空燃比に近づけようとしてインジェクターの吐出量を増やします。マップBの値(低回転域、触媒前に取り付けてあるO2センサーのフィードバック)を増やせばECUは燃料が濃い目と判断しインジェクターの吐出量を減らし燃調を薄くするようになります。従って全体的に空燃比を濃くしたい時はAマップの値をを増やし、Bマップの値を減らします。高回転、高負荷域のオープンループ域で燃調を濃くするにはAマップの値を増やします(この領域ではO2センサーのフィードバックに関係なくエンジンが運転されるからです)。